サプリメントのプラシーボ効果

コンビニやドラッグストアに行くと、色んな種類のサプリメントが並んでいますよね。
ビタミン・ミネラル・グルコサミン・コンドロイチン・鉄分・ダイエット補助、
等々目が回るほどたくさんの種類があります。
これらのサプリメントは、本当に効果があるのでしょうか?

たとえば「ダイエット補助のサプリメントを飲むと痩せる」というのは、本当です。
しかし「ダイエット補助のサプリメントに、ダイエット効果はない」
という場合がほとんどなのです。

一体どういうこと?って感じですね。
実は、人間の思い込みというのはすごいもので「効果がある」と
信じてそのサプリを飲み続けていると、本当にその効果が体に現れるのです。
この場合、そのサプリに本当に効果があるかどうかは、問題ではありません。
たとえばダイエット補助のサプリだと信じて角砂糖を食べ続けていても、
本当にその人が信じていれば、ダイエット効果が現れるのです。

このような「思い込みが体に作用する」ことを「プラシーボ効果」と呼びます。

さて、加齢による関節痛などに効果があるといわれている
グルコサミンですが、このグルコサミンの効果については賛否両論です。

グルコサミンの効能、効果については、、、
医学的な根拠がないのもひっかかるポイントでもあります。
これはコラーゲンの効果においてもいえることですね。

グルコサミンは甲殻類の甲羅から摂れる成分だそうですが、
これが加齢によって失われた軟骨の再成形が出来る、というのが売りで、
よくテレビCM等でも取り上げられています。

効果のほどは個人個人に差があるのは確かで、
「変わった」「なんとなく効果があるように感じられる」「よくわからない」
「とりあえず不安だから飲み続けている」といったように色々な意見があり、
必ずしも効果に期待が出来るものではないそうです。

これは一種のプラシーボ効果があるように感じます。
信じるものは救われる、ではありませんが、
効果があることを信じている場合とそうでない時、
効果に大きな違いが生じてきているように思えます。

あくまでもこれは個人的な意見ですが、
少なくとも、「効く!」と前向きに思い続けることに大きな意味がある、
そんなふうに思えますね。